西穂高岳西尾根

★山域:西穂高岳(北アルプス)

★日付:2019.03.09-10

★天気:晴れ

★山行形態:個人山行、アルパインクライミング

★参加者:豊岡(CL)、河村

★コース:新穂高口→穂高平小屋→西穂高岳西尾根→西穂高岳→西穂高独標→西穂山荘→ロープウェイ

★感想:(河村)3月になって雪も落ち着いてきた北アルプスの西穂高岳へ、バリエーションルートで挑戦しました。西穂高岳はロープウェイを使って2度ほど行きましたが、西尾根からは私は初めてで、その変化にとんだ雪稜と雪と岩のミックス、雪壁を超えて見えた山頂はとっても美しかったです。新穂高口→穂高平小屋 一般道で除雪もされており、一部凍結個所を除いて歩き易かったです。穂高平小屋→西尾根2400m地点 トレースがあり迷うことなくスムーズにテン泊ポイントまで。たまに踏み抜きと、昼間暖かくなってきてアイゼン団子に苦労しました。西尾根2400m地点→西穂高岳山頂 午後には天気が崩れる予報で暗いうちに出発、第一岩峰通過。この辺りからアルパインムードたっぷりの、雪壁を登り、高度感たっぷりの景色。第二岩峰付近で突然トレースが消えてトラバースしすぎたことに気付く。後続パーティに教わり、正しいルートへ復帰。傾斜のあるトラバース、雪のついた岩場を超えて、山頂標識が見えた時は何とも言えない感動の瞬間でした。西穂高岳山頂→西穂高独標 雪の状態も良く歩き易かったけど、荷が少し重かったので、慎重に独標まで。ロープウェイまで青空のお天気に恵まれました。

西尾根取付きへ
この先でテント
夜明け前から登り始める
北西稜から来た人
西穂高岳
槍~奥穂~西穂の稜線
第二岩峰付近
山頂標識見えた
山頂
歩いてきた西尾根

投稿者: 新潟クライミングクラブ

新潟クライミングクラブは新潟市にある山岳会です。「角田山からエベレストまで!!」を合言葉にアルパインクライミングを中心に活動しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。