黒部丸山東壁 中央壁緑ルート敗退(北アルプス)

★山域:黒部丸山東壁中央壁緑ルート(北アルプス)

★日付:2018.09.22(土)~09.24(月)

★天気:9/22 雨→晴れ、9/23 晴れ、9/24 曇り/晴れ

★山行形態:個人山行、アルパインクライミング

★参加者:山宮(CL)、荒井

★コース:黒部ダム→内蔵助谷出合→幕営地点(テント泊)→1ルンゼ出合→(1ルンゼ~枯れ沢)→緑ルート基部→(緑ルート7P終了点で敗退)→緑ルート基部→(枯れ沢~1ルンゼ)→1ルンゼ出合→幕営地点(テント泊)→内蔵助谷出合→黒部ダム

★コース状況:全体的に残置支点はしっかりしていました。(一部、動く岩もあるので注意。)残置支点の間隔ですが、180cmの山宮がアブミ最上段に乗って届く間隔のところが何箇所かありました。 (荒井さんは秘密兵器『コング KONG パニック XL』で届かないところを何とか対応してました。)

 ◆丸山東壁 中央壁緑ルート(4級上、Ⅳ A2)

  1P 凹状~フェース(45m、Ⅲ、A1)(荒井リード)

  ・前回同様今回も出だしが濡れてましたが、フォローなのでガシガシ行こうと足早に登ったら出だしで速攻で滑ってテンション掛けてしまいました。

  ・真上にある小ハングを乗越していくトポ通りのラインどりではなくリングボルトを辿っていくラインどりで小ハングは右から巻きました。

  ・小ハング上のテラスが終了点(トポでは小ハング下でピッチを切る。)

  2P ボルトラダー(30m、A1)(山宮リード)

  ・2P目終了点手前ぐらいに1箇所フリー区間があり、アブミ最上段に乗ったところからフリーに移行するのでアブミ回収が難しいです。 (今回もフォローに回収してもらいました。)

  ・その他は特に問題なく登れました。

  3P ボルトラダー(30m、A1)(荒井リード)

  ・出だしは右へ。

  ・終了点は三日月ハング下でハンギングビレイとなる。

  ・特に問題なく登れました。

  4P 小ハング越え~ボルトラダー(35m、A1)(山宮リード)

  ・出だしの三日月ハングをリード中、ハングの3ピンを越えフェイスに出たところの1ピン目のところでフォールしました。理由は安定しないハングのところでアブミ最上段に乗るのが嫌だったのとアブミの上から2段目からでも手が届くスリング(リングボルトの根本から垂れ下がっていたお助け紐的な感じの2mmほどのスリング)があったことで、そこに安易にヌンチャクを掛けロープを掛けそしてアブミを掛けて一応は慎重に乗ったのですが案の定スリングは切れてしまいました。。そこから体勢を直し登りかえした時はリングボルトのリングに手が届いたので手抜きしないで登ればよかったのに。と反省です。

  ・その他は特に問題なく登れました。

  ・終了点ではハンギングビレイ。

  5P ボルトラダー(40m、A1)(荒井リード)

  ・特に問題なく登れました。

  ・終了点ではハンギングビレイ。

  6P ボルトラダー~右へトラバースし小ハングからフェイス~緩傾斜帯(45m、A1~Ⅲ)(山宮リード)

  ・出だしから真っ直ぐなスラブを上に登って行くと上には残置支点が見当らなくなります。右に見える残地支点に導かれ右へトラバースすると簡単な小ハング~フェイスに残置支点があるのでそこを登ると緩傾斜帯に出ます。あとは滑らないように中央バンド終了点まで登って行き終了。

  ・終了点は中央バンドにしっかりとしたものがありました。

  ・特に問題なく登れました。

  水平移動 中央バンド6P終了点~7P基部(20m、Ⅰ)(荒井リード)

  ・ロープを出すほど難しくないが落ちたらアウトなのでスタカットで通過。

  7P フェース(30m、A1)(山宮リード)

  ・中央バンド突き当りに残置ハーケン2枚、下にリングボルト2個あった。 (残置ハーケン2枚をビレイ点にしてリングボルトから予備セルフを取った。)

  ・出だし1ピン目は残置にタイオフした3mmのスリングが2本。スリングには手が届くが下は浮いているのでアブミを巻き込んで登る。スリングが切れることを想定して下の予備セルフを取っているリングボルトにプリクリップする。

  ・最初の1~3ピンぐらいまでは空中に浮いているので巻き込みで登り疲れる。

  ・その他は特に問題なく登れました。

  ・大ハング下にも終了点がありましたが、そこより少し下の最初にあった終了点でピッチを切りました。

 ◆下山

  ・7P終了点から50mダブルロープ1本使いで懸垂下降1回で中央バンドへ下り、中央バンドをスタカットで横断し、中央バンドにある6P終了点から基部まで50mダブルロープ2本使いで懸垂下降5回で下りました。

★感想(山宮):今年の6/30~7/1に敗退したルート、今回はなんとしても完登したかったのですが時間切れで合えなく敗退・・・次こそ完登できるよう技術や体力を準備していきたいと思います。(その際は上まで抜けてみたいなー。)

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1597242.html

雪渓の無くなった1ルンゼを登り右に見える藪へ
藪の中を登る
中央壁緑ルート1P目をリードする荒井
2P目をリードする山宮
3P目をリードする荒井
4P目出だしの三日月ハングを見上げる
4P目の三日月ハングを越えてくる荒井
5P目をリードする荒井
6P目途中で上部のハングを見上げる
6P目終了点
横断バンドを水平移動
7P目を登ってくる荒井
7P目終了点から8P目の三段ハングを見上げる
時間切れ&スキル不足よりここでは位置決定。煩雑な7P目終了点に杉滝の主Iさんから貰った捨てビナをセットして懸垂下降開始
横断バンドまで懸垂下降
横断バンドから見た大タテガビン
三日月ハングのところを懸垂下降中
日が暮れる前に基部まで懸垂下降完了

投稿者: 新潟クライミングクラブ

新潟クライミングクラブは新潟市にある山岳会です。「角田山からエベレストまで!!」を合言葉にアルパインクライミングを中心に活動しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。